×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



第二章〜街へ〜


第六話〜つかの間の日常〜


異世界にきて、初めての朝。

「お〜い、りょーこー起きろー!」

俺の起きて最初の仕事は、地球と同じだった。

「お〜い、りょーこー。」

幼馴染だった俺と涼子は、毎朝一緒に学校に通っている。

中学までは、通り道だったからよかったものの、高校に入ってから、

俺は毎朝、500mも離れたこいつの家に走って起こしに行き、

その後こいつに、朝の身だしなみをさせ、2km離れた学校に走って登校する。

ちなみに自転車は、涼子によって原型がわからなくなるぐらいに破壊された。

「おーい、りょーこー。」

この世界に学校はないものの、さすがに昼過ぎにいびきかいて寝てるのは、やばいだろう、

って事で、いつもどおり俺がこいつを起こしているわけだ。

でもって、いつものようにこいつは起きず、いつものように俺は切れるわけだ。

「おーい。りょーこーいい加減おきないと。」

そういって俺はこぶしを高く振り上げ、

「天誅!」

の掛け声とともに、こぶしを振り下ろした。

無論、殺意満々、本気だ。

『どすっ!』

でもって、涼子はいつものように一瞬で目を覚まし、いつものように、

「おはよ♪翔平。」

と笑顔で言いながら、俺にコブラツイストをかましているわけだ。

「お、おはよ、涼子。でさ、そろそろやめない?」

「あ、ごめんごめん。またやっちゃてた。あは♪」

そういって、コブラツイストをとく。

そうこいつは、無意識で俺に技をかけているのだ。

そしてこの癖のせいで、俺は傷が耐えたことがない。

「何が「あは♪」だよ。いい加減そのくせ直せよなー。」

て、言うかあれはもう癖の範囲超えてるだろ・・・

「うん、考えとく。」

「頼むぞ。」

マジで身が持たん

「うん。で、今から何すんの?」

「あぁ、それなら孔児とさっき、相談してたんだが、今からルナに村の案内してもらおうと思ってさ。」

「あ、それいいね、じゃぁ、早く行こ。」

「おい。」

「ん?何?」

「とりあえず、飯食って、顔洗って、歯ぁ磨いて、着替えろ。」

「うん。そうだね、わかった。」

「はぁー。」

ここに来ても俺はこいつの保護者なんだなー。

俺は心底そう思った。



前のページ  次のページ

NOVELに戻る


TOPに戻る