×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



第八話〜街までの雑談〜


「あのさ〜、まだ街に着かないわけ?」

もういい加減ついていいだろ。

歩き始めて3時間だぞ、3時間。

「えぇ、まだ半分ですけど?」

「はぁー。まだ半分か・・・」

今日3回目のため息。いい加減疲れた。

いや、確かに今までの道のりは結構楽しかった。色々説明もしてもらった。

見たことの無いような木や花や動物も見た。

でもさすがに、3時間は無理だ・・・

それでも、孔児と涼子は元気だ。

何で平気なんだよ・・・

『じゃあ退屈しのぎになんかやる?3人で。』

『三人?俺とお前だけだろ、しかもお前人じゃないじゃん。』

『あんた何言ってんのよ、忘れてない?』

『ん?何をだ?』

なんか忘れてたことあったけ?

『やっぱあんた引蓮忘れてるでしょ。』

『あ!あぁ、忘れてた。だってあいつ喋ったことないし・・・』

『それはあんたの所為なんでけどね。』

『?俺の所為?』

ん?俺なんかやったか?

『あんた、ドラゴンと戦ってるときにあいつの力全部解放してたでしょ?』

『え?いや、あれは糞猿の魔法の所為で・・・』

『まあどっちにしろ、その所為で疲れて寝ちゃってんのよ。』

『あ、そうなんだ。』

そりゃ悪い事したな。

『ホントそうですよ。』

『!?』

頭の中で男の声がした。ってことは。

『あぁ、お前が引蓮か・・・知らなかったとはいえ悪かったな。』

『まぁいいですよ。気にしないで下さい、“マスター”。』

『ま、ますたぁ?』

『はい、僕たちの宿り主なんですからそう言うのが普通でしょ?』

『ま、まぁそうかもしれないけど。』

『じゃあこれでいいですよね?』

『ああ。』

こうして俺のこの異世界での妙な知り合いリストに4つ目の名前が載ったわけだ・・・

『妙って言わないで下さいよ、マスター。』

「はぁー」

そしてこの世界初めての朝から合計“4”回目のため息をついた。



前のページ  次のページ
NOVELに戻る


TOPに戻る